ナッツ通販の専門店 | FRESH NUTS DIRECT by アシストフード ナッツ通販の専門店 FRESH NUTS DIRECTでは、クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツなど、様々なナッツを取り扱っております。人気の高いミックスナッツや糖質制限中の方におすすめの低糖質ナッツをはじめ、業務用の卸売り販売にも対応をしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ナッツの保存方法

ナッツ専門店がナッツの保存方法について解説いたします!

 

皿に乗ったナッツの写真

 

ご挨拶

 

皆様、こんにちは!

今回は皆様がご家庭で出来るナッツの保存方法について

ナッツがお好きで、ある程度をまとめ買いしている方に向けて、

そもそもナッツは一体どういう物で、どの様な性質を持っているのかを踏まえながら

ナッツ専門店である私が分かりやすく解説していきたいと思います。宜しくお願い致します。

 

ナッツは実(じつ)はタネ?

 

ナッツって近頃、本当に身近になりましたよね。

テレビで「ナッツは健康に良い!」という太鼓判を頂き、一躍ブームになりました。

その甲斐もあってスーパーやコンビニ等の量販店にも沢山のナッツが並び、おつまみの定番としてすっかり定着しました。

 

ですがこのナッツが何なのか、よく知らないで召し上がってる方も多いのではないでしょうか。

なんとなく食べてるけど美味しい! だけでも、もちろん有難いですが

ナッツの正体を知ると、もっと美味しく楽しめるかも知れません(笑)。

 

実(じつ)はこのナッツ……木の実(ミ)ではなく種(タネ)なんです! 梅干しでいうあの固い種の部分です!

(ピーナッツは種子には当たらないものの一般的にナッツの仲間と呼ばれています。)

どうですか?少し意外だったかも知れません。

私もこの仕事を始める前は知りませんでした。

まさか自分が食べていたナッツが実では無く種だったなんて…。

すまん、ナッツ。もうお前を木の実とは言えない…。

 

ナッツは農産物、ゆえに…。

 

なんとなくご理解頂けてるとは思うのですが、

ナッツは農産物です。つまりリンゴやバナナと同じです。

ですがスーパーの売り場的にはお煎餅やポテトチップと同じような棚、

つまり、おつまみ&おやつコーナーに鎮座しているのでは無いでしょうか。

あれ?なんででしょう?農産物なのでゴボウのとなりに居てもいい気がします。

八百屋さんが「奥さん!今日は良いナッツ入ったよ!」って売ってる姿は見ません…。

 

それはナッツの成分が関係しています。

一般的な生鮮野菜に比べ、ナッツは水分量がとても少ないのです。

その為クッキーやお煎餅と同じく、きちんとパッケージングされていれば

少々日が経っても劣化する事はありませんし、

実際ナッツの賞味期限はメーカーにより大抵、4カ月から6カ月に設定されています。

つまり「ナッツはそこそこ日持ちするし、おつまみだからここで!」という感じで

おつまみ&おやつコーナーにディスプレイされてるのかも知れません。

 

ですが、お買い上げになった後、ご家庭でご使用していくにあたりご注意が必要です。

今、小さい容量の食品でもチャック形式の袋に入って売っている事が多いと思います。

もしナッツ入ったチャック袋を開けっ放しにしてそこら辺に放置していたら、、。

そのまま数週間経過したら…。 

 

季節や環境にもよりますが、まず湿気ります。

ナッツの中の脂質と空気中の酸素が結び付き、酸化が始まります。

風味がますます悪くなり、夏場でしたら数週間も経たずに、最後には虫が湧きます。

農産物の宿命でしょうか。ナッツは虫の大好物なのです。

その様な状態になってしまったらメーカーの設定している賞味期限は何も意味を成しません。

 

 

正しく理解できれば備蓄用途になる保存食に

 

ではどの様にしたらナッツを長期的に保存しながら美味しく食べれるのか。

今までの事を踏まえますと

 

・酸化や湿気、虫が付くのを防ぐために空気を遮断して密閉状態を作る。

・温度変化を起こさない為に直射日光を避けた場所で保存する。

 

この二点に気を付けていただければ大丈夫です。

市販のチャックの付いた食品用保存袋はある程度の空気は遮断してくれるのですが

酸素の透過は防ぐ事は出来ないので完全に酸化を防ぐ事は出来ません。ご注意ください。

チャックをしっかり閉めた状態にし、なるべく温度変化が起きにくい場所で

保管していただけると鮮度を保つ事ができます。

冷蔵庫で保存する場合はチャックの閉め忘れにご注意ください。

誤って開けっ放しにして入れてしまうと

冷蔵庫中の湿度をナッツが全て吸収してしまい湿気ってしまいます。

 

また、冷凍庫での保存も可能です。ナッツは水分量が少ない為、凍ることはありませんので

解凍も必要ありません。ローストのナッツの場合ですが、多少風味は変わるものの

それでも十分美味しく鮮度を保つ事ができます。

瓶や缶に保存する場合は一緒に乾燥材を入れてあげると湿気を防ぐ事ができます。

 

袋に保存したナッツの写真

 

先ほど書いた通り食品用保存袋は酸素透過をしてしまう事がありますので、

酸化を防ぎ新鮮な状態を保ちたい場合は瓶やキャニスター缶が最適だと思います。

完全に蓋をした状態で冷蔵庫または、直射日光が当たらない場所で保存していただけると

ナッツにとって最適な状態を保つ事ができます。

 

瓶に入ったナッツ

 

この様にきちんとした密封状態を作った上で保存する事により

生のナッツの場合一年以上、ローストの場合は半年程風味を維持する事が可能になります。

ちなみに当店のナッツはパッケージの時点で脱酸素剤を封入し酸化を防いでおります。

保存する場合はそのまま冷蔵庫なり、冷凍庫に入れるだけで大丈夫です。

 

ナッツがお好きな方で、ある程度をまとめ買いしている方や

備蓄用途にナッツをちょっと多めに買いたい方は参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ナッツ通販の専門店 | FRESH NUTS DIRECT by アシストフード

ナッツ通販の専門店 | FRESH NUTS DIRECT by アシストフード

香ばしさと新鮮さをとことん追求したナッツブランド
FRESH NUTS DIRECT

屋号 株式会社アシストフード
住所 〒379-2131
群馬県前橋市西善町267-33
営業時間 9:00~17:00
定休日:土・日・祝
代表者名 櫻井 崇
E-mail support@freshnutsdirect.com

コメントは受け付けていません。

特集